自動車部品開発製造・金属加工 株式会社ワイテック

日本語 English 简体中文
お問い合せ

ボデー部品

ボデー部品Body components

軽量化と安全性を高次元で両立。

リアサイドフレーム
ドアインパクトバー
バンパーレインフォースメント
B.ピラー
ボディクロスメンバー

リアサイドフレーム

走行性能と安全性能を支える骨格部品

走行時の車体のねじれ、曲げを抑制して走行性能を向上させています。また、衝突事故の際、乗員やガソリンタンクを衝撃から守る役割を担っています。

薄板による軽量化を実現

ウルトラハイテン材(980MPa級)を用いて薄板化を実現し 軽量化を行う事で、燃費性能の改善に繋げています。

ボディクロスメンバー

走行性能と安全性能を支える骨格部品

左右のリアサイドフレームを繋ぐように配置される骨格部品です。リアサイドフレームと同様に車体の変形を抑える役割と衝突時に乗員を守る役割を持っています。

ウルトラハイテン材の組合せによる軽量化

980MPa、780MPa級のウルトラハイテン材を組み合わせて接合することで必要な強度の実現と軽量化を両立させています。

ドアインパクトバー

乗員を衝突から守る部品

自動車のドア内部にある耐衝突部品です。側面衝突時に衝突物からの衝撃を吸収し搭乗者へのダメージを軽減させることが主な役割です。

ホットスタンプ工法による高強度、軽量化

高強度化(1500MPa級)を行い薄板化を実現し軽量化しています。

バンパーレインフォースメント

車両前後の耐衝突部品

バンパーレインフォースメントは車両前後に固定されている耐衝突部品であり、衝突時に衝撃を吸収し搭乗者へのダメージを軽減させることが主な役割です。

世界最高強度レベルの材料による軽量化

1800MPa級の強度により、従来部材に比べて大幅な軽量化を実現しています。

B.ピラー

車両側面の耐衝突部品

ボディを支える柱としてボディ剛性を確保すること、ドアのキャッチ・ヒンジ部分を支える強度、万が一の衝突や横転時には乗員の生存空間を確保できる強度などを要求される部品です。

複雑な形状の部品も高強度かつ精度良く

通常のハイテン材に比べ、板厚を薄くしたり一部の補強部材を廃止することが可能となり、優れた側面衝突性能と軽量化を両立させています。

株式会社ワイテック
広島県安芸郡海田町曽田3-74
Tel:082-823-2111 Fax:082-822-6702

Copyright(C) Y-tec Co.,Ltd.All Rights Reserved.