自動車部品開発製造・金属加工 株式会社ワイテック

日本語 English 简体中文
お問い合せ

プロセス

プロセスProcess

開発・実験

製品の信頼性を確かなものにする。

開発中の製品の耐久性や強度を評価するために、加振機や荷重試験機による実験を行います。
実験で問題が発生した場合には、その原因を明らかにするために、発生している応力の測定や顕微鏡による破損部位の観察などを行います。その分析結果を製品設計にフィードバックし、製品の信頼性をより確かなものにします。

破面解析内容 亀裂起点と伝播(亀裂破面マクロ写真)

量産準備=生産技術

成形シミュレーション

プレス成形をコンピュータ上で予測し、事前検証を行っています。
問題点を洗い出し、工程最適化を行うことで、高精度・短納期へと繋げています。
成形シミュレーションでは、大きく分類して冷間成形・熱間成形の2種類のシミュレーションを実施しています。

冷間成形シミュレーション
板厚減少率の予測
変形の予測

ワレ、シワなどの成形性に加えて、ねじれ、スプリングバックなどのプレス成形後の変形といった精度不良へと繋がる問題を事前予測しています。この予測結果から問題点の要因分析・対策検討を行っています。

熱間成形シミュレーション
温度の予測

材料を高温に加熱しプレス成形と同時に急冷し焼き入れを行うことで高強度製品とする、ホットスタンプと呼ばれる工法を机上検証しています。温度によって変化していく材料特性を、シミュレーション上にて再現することで、ワレ・シワなどの成形性を事前予測しています。また、材料-金型間の熱伝達を再現することにより、製品の冷却性や硬度も事前予測を行っています。

ロボットシミュレーション

ロボットや設備の動きをコンピュータ上で再現させて、設備や治具設計の妥当性を検証します。

株式会社ワイテック
広島県安芸郡海田町曽田3-74
Tel:082-823-2111 Fax:082-822-6702

Copyright(C) Y-tec Co.,Ltd.All Rights Reserved.